京都にあるフリーメイソン【メソニック・ロッジや美濃吉の謎】って?

京都にある秘密結社フリーメイソンのロッジ。

日本全域にも数多くのロッジを構える秘密結社であるフリーメイソンの彼らだが、

今回注目したいのは京都府とフリーメイソンの関わりについてだ。
日本でも有数の観光都市であり、古き良き町並みを残す世界に誇る美しい街、京都。

いったい京都と秘密結社フリーメイソンとどのような関わりがあるというのだろうか?

京都のフリーメイソンロッジ

日本各地に存在しているフリーメイソンのロッジは、各都市ごとにそれぞれ変わった名称がついている。

例えば福岡ならば”卑弥呼ロッジ”、沖縄ならば”帝国ロッジ”といった感じだ。

京都にあるフリーメイソンロッジは2012年に建設された”京都御門ロッジNo.23”だ。
この御門ロッジができる前は京都には、東山区夷町に”京都メソニック・ロッジNo.5”があったそうで、これは日本フリーメイソングランド・ロッジの管轄だった。

メソニック・ロッジは御門ロッジができる前、グランド・ロッジの管轄から外されている。


京都の高級料亭、美濃吉とフリーメイソンの謎

京都市東山区にある、懐石料理の店”美濃吉”。

京都市の美濃吉のホームページのトップ画像

京都市の美濃吉のホームページのトップ画像

歴史ある観光客にも、地元の人々にも愛される高級料亭だが、この美濃吉はフリーメイソンと関わりがあるのではないかと言われている。
理由は美濃吉の本部のビルの壁に、フリーメイソンのマークであるコンパスと定規、そして”G”の文字が大きく掲げられているからだ。
美濃吉の創始者はフリーメイソンで、ひょっとしたら昔美濃吉の店はフリーメイソンたちが談合する場として使われていたのかもしれない。

京都市のマークとフリーメイソン

京都市は実は市全体がフリーメイソンに関与しているのではないかと言われている。理由は京都市のマークにある。
京都市のマークはご覧のように黄色い線が星状を作っており、下には円が描かれている。

京都市のマークはこれ

京都市のマークはこれ!!

この星はユダヤの”ダビデの星”六芒星を思い起こさせないだろうか。フリーメイソンの起源はユダヤの人々だ。
そしてその星の下に描かれている円。フリーメイソンの”プロビデンスの目”のようにも思える。

古都、京都市。実はフリーメイソンが大きく関わった、謎に満ち溢れた都市なのかもしれない。

Writing is Moeka

SNSでもご購読できます。