8割が知らない”あの”映画に隠されたフリーメイソンの秘密と影【プリズナーズ・トゥモローランド・レミゼラブル・アニメ】

1.映画「プリズナーズ」で見られる フリーメイソンの影とは一体?

日本では”宗教”や”神”と聞いても、なかなかピンとくるものが少ない。しかし海外では宗教は、大きく人々の生活に根付いているものだ。映画もキリスト教に関する知識を要する作品が多くみられる。それが主なストーリーではなくとも、宗教の視点から考えるとまた別の内容が見えてくる場合もある。
今回ご紹介する映画、『プリズナーズ』も、キリスト教やフリーメイソンと大きく絡んだ物語なのだ。

1-1.『プリズナーズ』あらすじ

アメリカ、ボストンで起こった女児失踪事件。娘の父親は真犯人を見つけようと躍起になり、だんだんと常軌を逸した行動をとりはじめる。事件を担当する冷静な刑事と父親の間の葛藤を描いた物語だ。

犯人はいったい誰なのか、そしてその目的とは?父親役には『ウルヴァリン』シリーズでおなじみのヒュー・ジャックマン。刑事役には実力派俳優のジェイク・ギレンホール。豪華俳優が共演するサスペンススリラーだ。

1-2.フリーメイソンの影

この映画にはフリーメイソンの存在が色濃くうかがえる。事件を追うロッキー刑事に注目すると、彼は定規とコンパスのおなじみのフリーメイソンのマークがついた指輪を常にはめている。
そして映画のポスター。黒の背景に”PRISONERS”と描かれたシンプルなデザインが、”O”がフリーメイソンを象徴する”プロビデンスの目”のごとく印象的である。そして中には迷路、” メイズ”が。『プリズナーズ』は実はフリーメイソンと関係がある映画なのだ。ではこの作品の中で、フリーメイソンはどのように扱われているのだろうか?

1-3.主人公2人の役割は?

誘拐されてしまった女児の父親、ケラーは熱心なクリスチャンだ。

彼は地下室の倉庫に”もし何かあった時のために”様々なものを蓄えていた。

これは”ノアの箱船”を連想させる。
対してロッキー刑事の方は干支の話をしていたりフリーメイソンの指輪をはめていたり、信仰者とは違う存在として描かれている。
この映画ではクリスチャンである父親の方が真犯人にたどり着く。

ロッキー刑事の方は犯人を捕まえることができないのだ。

しかし常軌を逸していく父親と冷静沈着な刑事では、社会的には刑事の方が強い力を持っていることは間違いない。
法である刑事。この刑事がフリーメイソンの指輪をはめているということは、フリーメイソンやイルミナティが宗教を超えて法であり、世界を取り締まっているということの暗示ではないだろうか?

映画も細かいポイントに注目すると、思わぬ裏のストーリーが浮かび上がってくる。

『プリズナーズ』で見られるフリーメイソンの強さ。あのポスターのごとく、この世という迷路を作りだし、そして見張っているのはやはりフリーメイソンなのかもしれない。

2.映画「トゥモローランド」で描かれる 秘密結社の存在とは?

世界の秘密を描いていると言われている映画は多くあるが、今回ご紹介する作品もその1つである。

2015年公開のディズニー製作、『トゥモローランド』だ。
トゥモローランド。東京ディズニーランドにもある、未来を彷彿とさせるSFの世界観あふれたエリアをタイトルにしたこの映画。

『トゥモローランド』には、多くの謎が隠されているという。
いったい『トゥモローランド』 から、どんな世界の裏側を見ることができるのだろうか?

2-1.ストーリー

主人公は17歳の少女、ケイシー。

ある日彼女は、触れると別の世界に行くことができる不思議なピンバッチを手に入れる。

彼女を未知なる世界に呼び寄せたのは、アテナという謎の少女だった。

トゥモローランドで繰り広げられる、人類の未来をかけた冒険を描いた物語だ。

2-2.ウォルト・ディズニーの謎

ディズニーランドの創設者で世界中に愛される物語を作り上げてきた人物、ウォルト・ディズニー。

実は死後も冷凍保存されていてまた復活するのを待っているだとか、様々な都市伝説が囁かれている。

そしてウォルト・ディズニーもまた、フリーメイソンと関わりがあったと言われている。
彼は青年時代、「デモレー団」 という組織の一員であった。

その「デモレー団」というのが、実はフリーメイソンによってつくられた組織なのだ。
もともとウォルト・ディズニーの名前は”Isney”である。

これは北方の地方が由来となっている名前なのだ。

それに「デモレー団」の”D”をつけ、”Disney”としたとされている。
そう、ウォルト・ディズニーもフリーメイソンと深い関わりがある著名人の1人なのだ。

2-3.公開日に秘密が?

映画、『トゥモローランド』が公開されたのは2015年6月6日

”2015”の1と5を足せば6、そうすると必然的に”666”という数字が浮かび上がってくる。

もうお分かり頂けると思うが、”666”というのは悪魔の数字であり、イルミナティを象徴する数字である。
これは果たして偶然なのだろうか?

2-4.『トゥモローランド』に出てくる秘密結社

『トゥモローランド』 にはフリーメイソンは登場しないが、ある別の秘密結社が存在をあらわにしている。

その秘密結社とは、”プルス・ウルトラ” だ。
プルス・ウルトラは、科学者や芸術家、発明家が在籍しているという秘密結社だ。

その名前はラテン語で”はるか先へ”という意味をもつ。
創設者は発明家ニコラ・ステラや同じく発明家のトーマス・エジソン、エッフェル塔を建設したエッフェル、小説家のジュール・ヴェルヌやハーバード・ウェルズだ。

彼らも映画内でこの秘密結社のメンバーとして紹介されている。

このトゥモローランドは、彼らのような優秀な発明家や物理学者が作り上げた、未知なるユートピアだとされているのだ。

そしてウォルト・ディズニーもまた、このプルス・ウルトラの一員だったのである。
作品内でプルス・ウルトラについて、またメンバーについてあまり多くは語られていないが、この”トゥモローランド”実際にあるということを示唆している映画かもしれない。

ウォルト・ディズニーが在籍していた秘密結社、プルス・ウルトラ。

そしてフリーメイソンの傘下であるデモレー団。

2つの秘密結社の関連性がゼロではないということは間違いないだろう。
本当にこのトゥモローランドは存在するのか。

そしてディズニーは今私たちに何を訴えかけているのだろうか。

一度ご覧になった方もぜひ『トゥモローランド』見返してみてはいかが?

3.名作「レ・ミゼラブル」 実はフリーメイソンの映画だった?

日本では2012年に公開された映画、『レ・ミゼラブル』

ご覧になった方も多いのではなかろうか。
大ヒットしたこの『レ・ミゼラブル』もまた、フリーメイソンが関わっていると言われているのだ。

一体どこにフリーメイソンの影が見えるのか、今回はその謎を紐解いていってみよう。

3-1.ストーリー

『レ・ミゼラブル』はフランスの作家、ヴィクトル・ユーゴーの小説が原作である。

同名のミュージカルは世界43ヶ国で上映された歴史に残る名作だ。
主人公は一切れのパンを盗んだために、19年間牢獄に収監された男ジャン・バルジャン。

牢獄から出た後も盗みを働いてしまうが、ある司祭によって改心した彼は人々のために生きようと決意する。

彼を執拗に追いかけまわすジャベール警部から逃げ続けながら、コゼットという娘を育て町長として人望を集めていくジャン・バルジャン。そしてフランス革命の最中へ巻き込まれていく・・・という物語である。

3-2.原作者もフリーメイソン?

『レ・ミゼラブル』の原作者、ヴィクトル・ユーゴー。

1802年生まれの作家である彼も、実はフリーメイソンであるというのだ。
フリーメイソンには歴史に名を残した様々な人物がいる。

皇帝、ナポレオン。エッフェル塔を建築した構造家、エッフェル。

画家、ミュシャ。政治界、芸術界、至るところに彼らは根を広げている。

作家であるユーゴーもまた、フリーメイソンだったのだ。

3-3.フランス革命とフリーメイソン

『レ・ミゼラブル』の時代背景はフランス革命である。

民衆が自由を勝ちとったフランス革命は、フリーメイソンによって起こされたというのだ。
その証拠に、”フランス人権宣言”の絵にはフリーメイソンのシンボルであるピラミッドと目、”プロビデンスの目”がはっきりと描かれている。『レ・ミゼラブル』フリーメイソンの作者によって書かれた、フリーメイソンが起こした出来事を描いた物語だったのである。

3-4.映画のいたるところにヒントが?

映画の中にも実はいたるところにフリーメイソンの存在が見えている。
革命運動を起こす若者たちが、戦う要塞の集まっているシーン。

背後に堂々と目が描かれているのだ。
また前半部分で、ジャン・バルジャンを上から映すシーン。

カメラは三角形の窓越しにジャン・バルジャンを撮っている。

目の部分に彼がくるような形でだ。

まるでジャン・バルジャンもフリーメイソンだと言っているようである。
そして最後のシーンでは、ジャン・バルジャンと十字架が一緒に映されている。

神であるキリストと、フリーメイソンをにおわせていたジャン・バルジャンがまるで同じであるかのように描かれているのである。

フリーメイソンは神と同じくらいの力がある、そして博愛精神を大事にする・・・というメッセージが込められているのだろうか。

1度観た方も『レ・ミゼラブル』 を観返す際はぜひ、劇中に隠されているフリーメイソンのマークを探してみてはいかがだろうか。

きっと新しい発見をすることができるはずだ。
世界中で愛される作品もまたフリーメイソンが関わっているとは、なんとも驚きである。

4.日本のアニメにもフリーメイソンが? 浮き彫りになるその影とは

フリーメイソンやイルミナティの影隠されている映画は数多くある。

しかし実は、日本の有名アニメにもフリーメイソンが関わっているのでは・・・という噂が流れているのだ。
一体なんのアニメにフリーメイソンが関わっているというのか。

今回はその驚きの事実をご紹介しよう。

4-1.人気アニメ『けいおん!』

2009年、2010年に放映されていたアニメ、『けいおん!』。

軽音楽部に入部した女子高生、唯、澪、律、紬4人の青春物語である。

コミカルなストーリーとかわいらしい主人公たちが人気の『けいおん!』

一見都市伝説とは無縁に思えるが、どこにフリーメイソン要素が隠されているのだろう?

4-2.『けいおん!』劇場版の謎

謎となっているシーンがあるのは2011年に公開された『けいおん!』の映画である。
最後、主人公たちが空を見つめるシーン。

そこで唯が指で三角形を作り、そこから片目で空を覗き込むのである。

かわいらしい動作と言ってしまえばそれでおしまいだが、”プロビデンスの目”のマークそのものなのである。
この『けいおん!』の映画には他にも謎な点がある。

度々出てくる”宇宙と交信”という言葉。

それに作品全体が、” 過去と未来を行き来する”ストーリーだと言われている。

かわいらしい女子高生の話なのだが、少々オカルトめいた謎が隠されているのである。

主人公がかかげた”プロビデンスの目”のマーク

果たして『けいおん!』はフリーメイソンと関わりがあるのだろうか?

4-3.名作『ドラゴンボール』

日本だけではなく、世界中に熱狂的なファンをもつ鳥山明による漫画『ドラゴンボール』

『ドラゴンボール』もまた、フリーメイソン要素が隠されているというのだ。

その理由が1つが、”天津飯”というキャラクター。

天津飯は悟空の師匠亀仙人のライバルである鶴仙人の弟子である。

ツルツルの頭の額には第3の目があるという、なんともインパクトの強いキャラクターだ。
そんな天津飯の必殺技は胸の前で三角形を作るポーズをとる”気功砲”。

”目”を持ち、三角形の形作る・・・これもまた”プロビデンスの目”をどうしても思い浮かべてしまう。

またミスター・サタンと彼の娘であるビーデルというキャラクター。

このミスター・サタン、”悪魔”という名前だが漫画内では英雄的役割を果たす重要なキャラクターだ。

娘、ビーデルは”デビル”のアナグラム

それに彼女は悟空の弟である悟飯と結婚する。

”悪魔”の名前を持つ彼らだが、悪役ではないのである。
それにビーデルが乗っている車ナンバーは”666”なのだ。

これは悪魔崇拝の思想を受け継ぐ、イルミナティを連想せざるを得ないだろう。

私たちが幼い頃から親しんでいるアニメや漫画。

世界でも人気を集めるこれらのアニメは、本当にフリーメイソンと関わっているのだろうか。

アニメもまた、フリーメイソンの洗脳の手段として使われているのだろうか。

他の漫画もよく目をこらせば、フリーメイソンの影が見えてくるかもしれない。

Writing is Moeka

 

SNSでもご購読できます。