秘密結社フリーメイソンの気になる入会条件や儀式は?

都市伝説の話題に欠かせない秘密結社フリーメイソン。世界各地のロッジを構え、著名人も大勢在籍していると言われているが、みなさん一度は考えたことがあるはずだ。「一体どうやったらフリーメイソンに入れるのか?」ということを。
今回は気になるフリーメイソンの入会方法や条件について探っていってみよう。

秘密結社フリーメイソンへの入会条件とは?

フリーメイソンは誰でも入れるわけではない。入会するには、このような条件が必須だ。

・社会的に信頼を得ている、成人男性であること
・フリーメイソン会員2人からの推薦があること
・無信教ではないこと
・収入が安定していること
・フリーメイソンの理念を理解できていること

フリーメイソンは男性だけの組織で、女性は入ることができない。しかし連携している”イースタン・スター”という組織があり、フリーメイソンの会員を夫に持つ女性たちはこちらの組織に属するそうだ。
アメリカにはさらに未婚の女性が在籍する”ジョブス・ドーター”という組織もあるそう。日本にはまだ上陸していないようだ。

つまり、フリーメイソンの会員たちは社会的地位を持っている成人男性ということになる。

社会的地位のあるフリーメイソン会員の例

社会的地位のあるフリーメイソン会員

実は筆者の知り合いにも1人フリーメイソン会員がいる。彼は自分の父親と父親の知り合いの会員からの推薦を受け、入会したそうだ。

日本のフリーメイソンへの入会金と年会費は?

フリーメイソンに在籍するには、会費を払わなくてはならない。
気になる日本のフリーメイソンの費用は、入会金は4万から6万円。年会費は8千円から1万円ほどだそうだ。だから”安定した収入がある”という入会条件があるのだ。
フリーメイソンのロッジは、会員たちの年会費から成り立っている。

フリーメイソン入会の儀式とは

フリーメイソンに入るには” 儀式”を通過しなければならない。
まず、2人の会員からの推薦を受けたのち”面接”を受ける。ここで入会したい動機を述べるのだが、フリーメイソンの理念をきちんと理解していなくてはならない。

面接の後は、審査員たちによる投票が行われる。ここで同意票を多くもらわなくてはいけない。つまり、会員たちと語り合い親交を深めておく必要がある。
無事に多数票が得られたら、入会式に入る。この入会式では、フリーメイソンの専制や理念を暗記して言わなくてはいけないのだ。暗記力が問われるのである。

フリーメイソン入会の儀式の一例

フリーメイソン入会の儀式

そして入会式も滞りなく終わらせることができたら、やっと会員となることができる。フリーメイソン会員までの道のりはなかなか長いのだ。

フリーメイソンの儀式と聞くと、おどろおどろしくオカルトめいたものに思えるが、現在の入会儀式はこのような形をとるらしい。

日本にも多く存在するフリーメイソン会員たち。あなたの周りのあの人も、もしかしたらフリーメイソン会員かも?ぜひ一度その儀式の様子、実際に見てみたいものである。

Writing is Moeka

SNSでもご購読できます。