悪魔の数字「666」に隠された都市伝説とフリーメイソン

都市伝説フリーメイソンの666

今回は、悪魔の数字として都市伝説界では有名な「666」の話をしていきます。

あのフリーメイソンも、この数字にかかわりがあると言われています。

「666」とは

では、なぜ「666」が悪魔の数字といわれているのでしょうか。

そもそもは、キリスト教の聖書で悪魔の数字と言われているのが原因ですが、この「666」を全部足すと「18」になります。

 

実は、何者かによって仕込まれた世界的な事故や出来事はこの「18」という数字が絡んでいます。

彼らは、意図的に悪魔の数字を表すことで自分たちが悪魔だと伝えているのかもしれません。

悪魔の数字が絡まれてる事

例えば湾岸戦争は、1月17日に起きました。

1+17は18ですよね。

これは、個人的に一番をわかりやすい例でしたので挙げていきましたが、この他にも地震や戦争などの出来事に加え、紙幣や建造物、メディアなどにもこの数字が隠されえています。

 

たとえば、日本の硬貨を全部足すと「666」になったり、ラジオの周波数をバラして足すと「18」になったり、セブンイレブンの7と11を足すと「18」になったりなどなどきりがありません。

 

たんなる偶然の一言では、すまないと思います。

フリーメイソンとの関係

この悪魔の数字とされる「666」ですが、悪魔崇拝をしているフリーメイソンからのメッセージなのではないでしょうか。

この数字が絡んでいる出来事はフリーメイソンによって起こされて、この数字が絡んでいる物はフリーメイソンによって支配されているのかもしれませんね。

まとめ

悪魔の数字である「666」は、悪魔的な存在であるフリーメイソンからのメッセージとして今もなお使われているのかもしれません。

みなさんも、あらゆる事からこの数字の関係性を探してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*