2014年に突如アフリカで大流行したエボラ出血熱は生物兵器!?フリーメイソンの都市伝説

2014年頃に西アフリカで大流行し、話題となった「エボラ出血熱」は実はアメリカが作りだした生物兵器であり、人為的に流行させられたという都市伝説がある。

そして、その陰に潜むのはあの秘密結社フリーメイソンだと囁かれている。

2014年に突如大流行した原因はワクチン説

そもそも、2014年に大流行したエボラ出血熱はワクチンを打たれない限り感染しないという説があります。

いえ、ワクチンという名の毒を注射しているのでしょう。

 

 

そもそも赤十字社はアフリカで感染症予防という名目でワクチン接種を行っていました。

つまり、生物兵器であるエボラウイルスを注射すること自体はとてもたやすい事だったのです。

 

 

そして、人為的に流行しだしたエボラ出血熱を予防するためだと称して、さらにワクチンを接種しはじめます。

結果、多くの人々がエボラ出血熱にかかり苦しみながら死んでいきました。

 

すべては、フリーメイソンンによる目的の為だけに。

フリーメイソンの目的

では、フリーメイソンはなぜ2014年に西アフリカでエボラ出血熱を流行させたのでしょうか。

理由は、二つあります。

フリーメイソンによる人工削減計画のためだという都市伝説

まず、第一に挙げられるのはフリーメイソンがたくらむ人工削減計画の為であるということです。

フリーメイソンは、世界統一政府を創りだすことを目的としており、そのためには現在の人工の70%を削減しなければなりません。

 

 

その為の手段の一つとして、生物兵器による感染症で一気に人口を減らすということが行われているのです。

たしかに、一番効率がいい方法ではあるかもしれません。

西アフリカに兵士を送り込むためという都市伝説

もう一つの都市伝説は、感染症の流行を理由にして兵士を送り込むためです。

 

では、なぜ西アフリカに兵士を送り込む必要があるのでしょうか。

その理由は、侵略です。

 

 

西アフリカにある、シエラレオネはダイヤモンドの世界最大の供給国です。

フリーメイソンはこれらに目をつけ、領土を支配して金儲けをしようとたくらんでいます。

つまり、自分たちの欲望の為だけに多くの人の命をエボラ出血熱で奪い、鉱山の人々に軍隊の力で強制労働をさせ、逆らう者がいれば殺すのです。

 

 

これは、まぎれもない略奪行為です。

 

彼らがこのような略奪行為をしても裁かれることはありませんが、例えば私たち民衆が泥棒などの略奪行為をしたら裁かれます。

それは彼らが一番権力を持っていて、一番偉いからです。

まとめ

フリーメイソンがこのような殺人をしたのは、2014年に始まったことではありません。

いつの時代でも、私たち民衆は彼らの金儲けの為に殺され続けるのです。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*