えっまじ!?フリーメイソンと関わりのある日本の人気アニメTOP3

 証拠あり!!ドラゴンボールがフリーメイソンと関わっていた!

ドラゴンボールは全世界累計で発行部数が2億3000万部以上、世界で最もビデオゲーム化されたコミックとしてギネス認定されているほど全世界で大人気のアニメだが、そんな大人気のドラゴンボールがフリーメイソンとの関わりがあるという事をご存じでしょうか??

まずはじめに紹介するのは天津飯!

天津飯は地球人なのだが実ははるか昔に地球に移住してきた宇宙人の子孫「三つ目人」という種族の末裔であり、先祖がえりした特異体質のキャラクターで額に第三の目があるのが特徴。

そんな天津飯のもっとも得意とする技が気功砲という技。

その技を繰り出す時のポーズが胸の前に両手で三角形を作るのだが、すでに気づいた方も多いと思うが第三の目を持ち三角形を作るなんて、いかにもフリーメイソンが使用しているピラミッドに真実の目『プロビデンスの目』そのものなのだ!!

次に紹介したいのがミスターサタン!

ミスターサタンは作品後期における主要キャラクターの一人。

人造人間編のセルゲームから登場し、魔人ブウ編では全体にわたり活躍をした。

「ミスターサタン」というのは格闘家としてのリングネームで本名はマーク。(作者によると由来は『悪魔』をもじったものであるとのこと)

本来はドラゴンボールの主人公である孫悟空たちがセルや魔人ブウを倒したのだが、事の真実を知らない大多数の地球人からはミスターサタンがセルを直接倒した思われていて、魔人ブウに関してはドラゴンボールによって地球人の 魔人ブウに関する記憶が消されたため、ただ漠然と何かから地球の危機を救ったという認識だけは残っていて世界的な大英雄として描かれている。

フリーメイソンの上位組織といわれているイルミナティは悪魔崇拝で有名だが、ミスターサタンという悪魔の名前を掲げたキャラクターが世界を守った英雄として描かれているというのは何か関連があるのかと思わざるを得ない。

そして最後にビーデル!

ビーデルはミスターサタンの娘で、悟空の息子の悟飯と同じ学校に通っている。(後に二人は結婚する)

名前の由来は作者いわく、サタンの娘なのでデビル『悪魔』からとったもので、女の子らしくもじった名前とのこと。

このビーデルが、悟飯と一緒に乗っている車に『666』という数字が描かれているのだが、この『666』という数字は新約聖書などでは、悪魔を表す数字とされていて、フリーメイソンはこの『666』の数字を崇めているとよく言われているのだ。

日本で有名な妖怪ウォッチがフリーメイソンと関わりがある!?

子供たちの間で大ヒットの妖怪ウォッチそんな妖怪ウォッチもしばしばフリーメイソンとの関わりがあるのじゃないかと耳にするので紹介しようと思います。

 

2014年の紅白歌合戦で、妖怪ウォッチが出ていたシーンの背景が真実に目に見える、そしてMCコーナーの一コマでは完全に真実の目なのだ。

もう一つが妖怪ウォッチの3DSのテレビCMでは手の平に真実の目があり、背景にも、左、中央、右の三か所に真実の目が配置されている。

その三か所の真実の目の上には数字があり、左には2617、中央には1622、右には5613、三か所すべてに『6』という数字があるのだが、フリーメイソンがよく使用する真実の目とフリーメイソンが崇めている『666』の悪魔の数字がうつっている。

確実に深い関係があるのじゃないかと推測してしまう。

エヴァンゲリオンに出てくるキャラがフリーメイソンの〇〇だった!!

エヴァンゲリオンにでてくるキャラクターは監督が戦艦マニアという事もあり、帝国海軍航空母艦、船舶、軍艦からきているものが多く、それらに関わるものでキャラクターの名称がつけられている。

フリーメイソンのシンボルマークは「コンパス」と「定規」そして真ん中に「G」の文字!

フリーメイソンの起源は石工職人の団体で商売道具がシンボルマークのモチーフになっていて、真ん中の「G」の文字は GOD=神 の意味と Geometory(ジオメトリー)=幾何学も意味している。

また「コンパス」と「定規」には『剣と聖杯』という意味もあり、 ・剣(コンパス)=男性器 ・聖杯(定規)=女性器を表している。

父親「六分儀ゲンドウ」

「六分儀」という言葉は聞きなれないが、船の航海の時に使われる「コンパス」の事を「六分儀」という。

母親「碇ユイ」

「いかり」という船に関連する名前ではあるが、本来ならば「錨」の文字だ。

「碇」という文字なのが、フリーメイソンとの関係性を証明している要因の一つで、「碇」という文字をばらすと「石」と「定」になり、すなわち「石工の定規」だ。

主人公「碇シンジ」

父親が「コンパス」、母親が「定規」、そしてそれが重なって生まれたのが“シンジ”=神の児で GODCHILD つまりは真ん中の「G」となる。

 

エヴァンゲリオンとフリーメイソンとの関係はテレビなどでも放送されたので、ご存知の方も多いかと思うが、実は、エヴァンゲリオンの脚本を務めた庵野監督は過去にフリーメイソンとエヴァンゲリオンとの関係をあっさり認める発言をしていている。

監督本人がフリーメイソンリーなのかどうかは不明だが、エヴァンゲリオンのキャラクターはフリーメイソンの要素を含んでいるのは間違いないという事だ!

まとめ

ドラゴンボール、妖怪ウォッチ、新世紀エヴァンゲリオンどれも大人気アニメで見たことがある人も少なくない。

ドラゴンボールやエヴァンゲリオンなんかは子供のころによく見ていたアニメの一つだ。

フリーメイソンやイルミナティはアニメやマンガを使って洗脳しているといわれているが、これだけ有名なアニメがフリーメイソンと関わりがあるのを知ると本当にそうなのかもしれない。

ドラゴンボールの話で子供のころはなにも思わなかったが、今考えるとミスターサタンのところは完全に悪魔崇拝だ思う。

そういうアニメが他にもたくさんあって、子供のころから少しずつ洗脳されてフリーメイソンやイルミナティの思想を自然と受け入れていくのかもしれない。

Writing is Haru.

ダン・ブラウンの映画シリーズに視る、イルミナティとフリーメイソン

あなたは見たことがあるだろうか?

都市伝説やフリーメイソンに詳しい人なら一度は見るであろうあの映画、、

それは、天使と悪魔シリーズ。

この天使と悪魔と言えば、ベストセラー小説で、

本場アメリカでの大ブームが日本にも飛び火した事は昨日の事かのように記憶に新しい。

 

この映画シリーズも第三弾のインフェルノに至って、今までとは風向きが変革したことは指摘しなければいけない。

 

今回はインフェルノに刻まれた重要情報を読み解く。

これによってこれからの世界を占う正しき視座すらも得られると考えている。

映画に視るイルミナティとフリーメイソンの行動原理の違い

尚、一言追記しておくなら、イルミナティは通例既に500−600年前に、ドイツ騎士団系のキリスト教会において、勅命により討伐され滅んでいるとするのが一般的であるが、最近これが復活したとする有識者・賢人が増えている。

これが何を意味するのか非常に興味深い。

自分としてはこれは遂に聖書に記載された黙示録或いは世紀末が近付きつつあるある種のメタファーとして人々の心が産んだものかとも考えているが。

そこはご想像頂きたい。

映画ではダン・ブラウンを殺そうとしたイルミナティ、そして救おうとした謎の組織。

後者はフリーメイソン絡みと考えるのが良いのかもしれない。

先に書いた様に正統なイルミナティは既に滅んだ。

現在のイルミナティはむしろゲルマニア思想に簒奪されたナチスの遺骸であると考えるべきかもしれない。
彼等は超人思想、人間の肉体的な美とか武闘主義を尊ぶマッチョリズムであると同時に、非科学的な預言のメソッドに頼った。

決定的にフリーメイソンと異なるのは彼等が機械的メソッドに拘る余り人間をも機械的に掌握しコントロールしたことである。
つまり反知性主義であるが故にラングドン教授の様な科学者・在野の研究者が狩られているのである。

フリーメイソンはローマカトリックが幾つか抱えている実践的キリスト伝道組織の一つである。

クリスチャンの目線で見て守護すべき対象はもっとも危険な種類のトラブル、即ち歴史の闇に潜む闇の眷属達の組織が絡むトラブルからは遠ざけようとする。

映画インフェルノが示す、イルミナティとフリーメイソンの相克の行方

今のイルミナティは本来のイルミナティではない、その可能性が示されていることは上述の通り。

映画では所期の目的の通り、ラングドン教授は救い出し、テロも防ぐ事が出来たが、フリーメイソン系の意向を受けたと思しき戦士は斃れてしまった。

映画はそこで終わっているが、貴重な犠牲に対して守られたのは知識と人命である。

二次大戦中の枢軸国と連合国の戦いと同じである。

一抹の虚しさは残りつつも戦いには勝った。人類の歴史はこの暗闘の繰り返しである。
イルミナティには本流のイルミナティが生きているという噂もあるが、それは歴史の渦に飲み込まれたままだ。

フリーメイソンは今後も戦い続けるだろうが、映画に見てみる様に、これは非常に重大な質的変化を示しているのかもしれない。

戦後世界の基本潮流は軍人の戦争や政治家の闘争を除けば、一般大衆にとっては日常生活の繰り返し。

言い換えると知識を身につけ豊かさを手に入れ上昇していく…その繰り返しである。

紛争国を除けばだが。

つまりあの映画はこの思潮が質的変化を迎えた事を顕している。
新しい時代では個人も闇権力の陰謀に巻き込まれる。

戦わないと生き残れない。

そういった時代で、議論を制していれば安泰に生きられる一時代が終わりを告げた事を示している。

この傾向はラングドン教授の様な博識な学者のみならず、いずれはその学生や在野の研究者一般にまで及んでいくだろう。

恐怖の時代の幕開けである。

映画に込められたイルミナティの陰謀とフリーメイソンの警告

復活した偽のイルミナティがいよいよ一般市民まで手に掛けだしたという事を映画の作り手達は言いたかったのかもしれない。

現実を振り返ってみると、TwitterやSNSの流行でみな自分の知識・経験を振りまいているけど、中には見てはいけない犯罪の兆候や不可思議な現象を収めてしまった写真なども多いかもしれない。
ネタの様なものもあるけど、時々居なくなる人多いよね。

暫く更新辞めますとか、何アレみたいな書き込みを最後に…とか。

これは殆どは単純にアクセス稼ぎだけど、中には実際警察などでは対処出来ない闇の事案も混ざっているのかもしれない。
一般庶民が監視装置・リトマス紙となってしまった時代には、それを目安に動けば良いから分析屋はむしろ邪魔になる。

特に知りすぎてしまった分析屋よりは大多数の何も知らないけど無邪気に飯の種や重大な霊的変化の兆候等を報告している匿名の多数者の方が安く世論操作や世界工作が可能になるのではないだろうか。
ラングドン教授もそういった時代の変化の中で、あまりSNSなどに自分の研究を披瀝するタイプでもないし、それ故に信用されてはいるけど、彼を勝手に利用している人間にとっては用済み、或いはむしろ裏の組織が何を計画し動いているのか、そこに気付く可能性が高い分子、気づかせる可能性を秘めた論文を出し続ける邪魔者となったのではないか。

知的レベルが高い、かつ自らそれを纏め挙げて書くことが出来る。

そういった人間は今後は身の安全を図る努力を惜しまずに過ごさないと危ないのかもしれない。
もしかすると日本が世界で一番SNSに親和性が高く、ツイッターユーザー数の割合も多いとなると、これから行方不明になる若者なんかも増えるかもしれない。

まだ兆候でしかないがフリーメイソンからの警告は映画なんかの形で伝えられつつあるのかもしれない。

そこはどんなメッセージでも読み解く心を持って欲しいと思う。

如何なる状況においても。

何かのきっかけは示されているものだからだ。

8割が知らない”あの”映画に隠されたフリーメイソンの秘密と影【プリズナーズ・トゥモローランド・レミゼラブル・アニメ】

1.映画「プリズナーズ」で見られる フリーメイソンの影とは一体?

日本では”宗教”や”神”と聞いても、なかなかピンとくるものが少ない。しかし海外では宗教は、大きく人々の生活に根付いているものだ。映画もキリスト教に関する知識を要する作品が多くみられる。それが主なストーリーではなくとも、宗教の視点から考えるとまた別の内容が見えてくる場合もある。
今回ご紹介する映画、『プリズナーズ』も、キリスト教やフリーメイソンと大きく絡んだ物語なのだ。

続きを読む

驚愕!フリーメイソンとイルミナティの思想と違いが凄い!!

歴史的背景と科学への関わり方に見るフリーメイソンとイルミナティの違い

フリーメイソンとイルミナティではまず、フリーメイソンの歴史の方が圧倒的に古いと言う事が言えるだろう。
フリーメイソンの歴史は古く一説によると有史以前にまで辿り着くとも言われている。

一般的には石切の技術集団から始まり、フリーなメイソン。

自由な技術者という意味があると言われている。

イルミナティの背景

高度な度量衡の技術は代々口伝により継承され、ピラミッド建設に於いても重要な役割を果たしたという説もある、歴史の古い教団でもある。
またローマバチカンとも数度に渡る対立は経ているものの、基本的にはカトリックの一組織として承認されて現在に至っているという重大なポイントを指摘せねばならない。
一方で、イルミナティの歴史はそれに比べると遥かに浅く、しばしば両者は混同されているが、全く異なる組織である。

イルミナティも同様に科学的教団ではあるが、霊的な科学、有史以前の超科学、人類がここ地球に至る前の科学知識を継承しているとされるフリーメイソンと比べると、イルミナティは近代科学の結晶でもある。
イルミナティは正確な創始者は実際定かではないが、アイザック・ニュートンも加盟していたとされているし、近代啓蒙科学思想には重大な役割を果たしたとされている。

重力理論や万有引力の法則など、嘘偽りなく思想的背景としてはイルミナティの思想が背景にある。

自己客観とか科学的再現可能性といった理論立てもイルミナティの思想背景である。

科学は方程式でのみ表されるといった若干傾斜した思想が表にある。

フリーメイソンの陰謀はイルミナティの陰謀だった!?

理論科学的探求と現実との折り合いにおいて、方程式の積み上げのみで現実世界が存在するというのがイルミナティで、フリーメイソンは現実世界構築の為に科学=或いは太古の神の知彗を使う。
日本的な価値観だと宗教よりなメイソンの方が陰謀論の主役にしたて挙げられやすい。

しかし実際にはイルミナティの陰謀の隠れ蓑にフリーメイソンが使われるケースが殆どである。

陰謀論という観点ではイルミナティにより照準を合わせるべきである。

現代科学で違いを見る、フリーメイソンとイルミナティの思想

日本の教育界隈では残念ながら、大学教授レベルならいざ知らず、中学高校まではイルミナティ式の教育がされている様に思える。
つまり神はなく、妄想の産物で、方程式は絶対であって、宇宙は殆ど解明され、太陽系に生命はなく、あらゆる事には理論的後ろ盾があると。不可思議な事象は揺らぎではなく、妄想なのだと。

これは完全にイルミナティ式の教育である。
しかし、全宇宙の物理方式のうち解明されているのは4割だ。

残りの6割にはまだ神を比定する必要がある。

更に言えば、既に表向きは無くなっているイルミナティ時代の思想背景を考えると、このまま行けば初期条件が分かれば全宇宙の方程式は解明可能で全てに説明が付くという思想があった。

ラプラスの魔と呼ばれる考え方であるが、これは現代科学では否定されている。
今の科学では、カオス理論を端緒にして、不確定性原理が確固としたものとなった。

全宇宙の未来は全て運命決定論ではなく、確率事象でのみ演算される。

あらゆる事象はグレーであり確定出来ない。

ミクロな次元では特にそうである。

マクロな次元ではニュートン力学やアインシュタインの相対性理論が破綻なく支配する。
これを統合しようとする、統一理論も提唱されているが、まだ道半ばではある。
現代先端科学を究極まで一言で言うと、全ての未来は作られていないし、存在もしていない。

即ち揺らぎ有る世界では全てが完全に存在する。

エントロピーや熱力学の日本における創始者でもある寺田寅彦は「書を捨てよ街に出よう」と解いた。
これは理論立てや勉学の放棄を意味するのではなく、実践主義的な理論構築を解いたものだ。

フリーメイソンの思想とも通底するが、要は実際に研究すべき世界は頭の中ではなく、直ぐ外の世界にあると。

そういう発想でもある。
現実の世界は失敗の科学でもある。

ボールや弾丸を放物軌道で投げても風の揺らぎや鳥や虫、相手の移動速度は一定ではないから、必ず当たるということは保証されない。
読み合いに於いては人間の方がまだ機械より正しい。

チェス盤や将棋の盤という小さな宇宙ではまだ難しい面もあるが、大きなリアルワールドではこの方程式はまだ完全には制御出来ないだろう。

フリーメイソンとイルミナティとの違いが大問題!?

周りにもイルミナティがいないか。注意は必要だ。ここでフリーメイソンとイルミナティとの違いが非常に問題となる。
現実は制御し難いから秘術を用いてそれを読み解こう、隠された方程式を活かそうとするのがフリーメイソンや多くの秘密結社でもある。イルミナティは違う。現実を制御可能なものに変えようと試みる。即ち方程式の絶対性は既に保証されているのだから、揺らぎやエラーは修正されるべきだ(あるいは統計的な偏りである)と。
これが行き過ぎるとトンデモとなる。

イルミナティ人間

つまりは正しいルートに人類社会を戻すべきであるとか、人間はみんな間違っているだとか、お前の考え方は間違っているから正そうだとか。
が、振り返って日本国の現状を見るとイルミナティ人間が非常に多い。

これはこれから非常に問題となるだろう。現代科学目線で見ると実はイルミナティは非科学的である。

エセ科学読本で何でもかんでも機械科学的に考えようとするのが間違えである事はしばしば指摘されるが、実際の世界は精神科学や動物行動科学、社会科学などに支配されていて、より複雑なものだ。
オッカムの剃刀という言葉があるが、もっとも理論的に破綻のないのは、一番簡易な結論である。

イルミナティに傾倒すると結局何でもかんでも科学的エラーとなって、最終的には科学で解明できない人の心や行動を管理する世界へと繋がってしまう。

これは非常にまずい。

人間の心や意思を無視した教団や結社は近代人権思想からすると、あってはならないだろう。

後のナチズムにつながる発想でもある。
フリーメイソンは極言すると宗教であるから、その行動の規範がある。

それは神の名における倫理である。

そこが欠落している事がイルミナティやイルミナティ思想のもっとも問題な部分であろう。
現実世界にはまだ不可思議な事象が山ほどあるが、それを敬虔に読み解こうとするか、一概に全てを君の頭がおかしいと否定するか、重大な違いがそこにはあるのである。

貴方の周りにもイルミナティが居ないか注意は必要である。

Writing is Okumura.

8割が知らない【フリーメイソン・イルミナティの都市伝説と陰謀説】

1.衝撃!あのポップスターもイルミナティの陰謀に巻き込まれていた?

秘密結社と聞けばすぐにその名前が思いつく、フリーメイソン。そしてもっと謎に包まれた組織、イルミ

ナティ。

友愛団体であり、慈善活動を行っているフリーメイソンだが反してイルミナティは目的のためなら手段を

選ばない、少々過激な組織とも言われている。

今回は巷でまことしやかに囁かれている、イルミナティのとある陰謀説をご紹介しよう。

1-1.歴史上の人物の暗殺

アメリカの第35代大統領、ケネディ。彼の死は様々な陰謀説が唱えられているが、最も有力だと言われ

ているのがイルミナティによる暗殺だ。

アメリカの歴代大統領はイルミナティと関わりがあると言われているが、ケネディは違ったようだ。彼は

イルミナティが隠し持っている秘密を暴露しようとしたところ、口封じのために殺されたのではないかと

言われている。

このように、イルミナティは歴史に名を残した有名人の暗殺事件に多く関わっているとされているのだ。

そして最近、あのポップスターもイルミナティによって殺されたのではないか?という噂がある。

1-2.マイケル・ジャクソンの死

伝説のポップスター、マイケル・ジャクソン。

2009年、衝撃のニュースが舞い込んだ。マイケルが自宅で心肺停止になり、死亡したのだ。彼の主治

医であるコンラッド・マレー氏が過失致死罪で罪に問われたが、このマレー氏はイルミナティによって圧

力がかけられたのではないかと言われている

マイケル・ジャクソンがイルミナティに否定的だったことは有名なようだ。どうやらイルミナティはエンター

テイメント業界にまで力が及んでいるらしい。

1-3.どんな陰謀が渦巻いていたのか?

マイケル・ジャクソンは生前、「僕はもうすぐ殺されるんだ」というような言葉を口走っていたようだ。やは

り、何者かによって彼に手が下されたという風に考えてもおかしくはないであろう。

平和を訴え続けたマイケル・ジャクソン。選民主義を意識するイルミナティにとって、彼は邪魔な存在で

あったのかもしれない。

マイケルもイルミナティによって殺されたのか?イルミナティやフリーメイソンはどこまで勢力を広げてい

るのか?もはや世界中は彼らによって支配されているのか?謎は深まるばかりである。

2.まさかこんなところに?日本にも見られるイルミナティの影とは?

秘密結社フリーメイソンの支部、グランド・ロッジが日本にもあることはみなさんご存知だと思う。

フリーメイソンのトップの者たちで構成されていると言われている、さらに謎の深い組織イルミナティ。イ

ルミナティにはグランド・ロッジは存在しない。しかし、イルミナティも日本で密かにその存在を表してい

るのだ。

2-1.イルミナティのシンボル、フクロウ

イルミナティのシンボルといえばフクロウ。知性の象徴であり、首がぐるりと回るフクロウは”あらゆるこ

とが見える=世界中を監視している”という意味を成している。

フリーメイソンの”ピラミッドに目が付いている”マークはよく色々なところで見かけるが、このフクロウの

シンボルも控えめな場所にちゃんと存在している。例えばアメリカのドル札の右上などだ。

ではこのフクロウのシンボルは、日本のどこに見られるのだろうか?

2-2.六本木ヒルズにもイルミナティ要素はあるのか?

東京、港区にそびえたつ六本木ヒルズ。六本木ヒルズを遠目から、よくご覧頂きたい。その姿はまるで

大きなフクロウなのだ。

六本木ヒルズに行ったことがある方はご存知かと思うが、ヒルズには謎のオブジェがある。それは巨大

なく蜘蛛だ。この蜘蛛は世界各地に見られ、フリーメイソンとも大きな関わりがあると言われているロッ

クフェラー財団のビルの前にもあるそうだ。蜘蛛の巣のようにネットワークを広げ、世界中を支配してい

るというイルミナティからのメッセージなのだろうか?

2-3.政治の中枢にもフクロウが?

日本の政治の中枢の場所、国会議事堂。この国会議事堂も上から見るとフクロウの形をしている。正

面から見ると分からないが、頭上から見るとフクロウなのだ。日本を代表するビルがフクロウを模して

作られている・・・これは単なる偶然とは考えがたい。

私たちの身近なところに隠れているイルミナティのシンボル、フクロウ。もしかしたら意外なところにも、

その秘密結社の影は潜んでいるのかもしれない。

3.「ダ・ヴィンチ・コード」 だけじゃない!フリーメイソンが隠れている映画とは?

秘密結社、フリーメイソンやイルミナティを描いた映画と聞いて真っ先に挙げられる作品はやはり『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』だろう。

しかし、世の中にはもっと「フリーメイソンを扱ったものではないか?」と噂されている映画があるのだ。

今回はフリーメイソンと関連がある映画をいくつかご紹介しよう。

3-1.『ナショナル・トレジャー』

まずは大体的にフリーメイソンを取り扱っているこの映画。ニコラス・ケイジ主演の『ナショナル・トレジャー』だ。

主人公はテンプル騎士団の末裔。

テンプル騎士団の秘宝、それを守っていたフリーメイソン、アメリカ独立宣言書の謎をめぐって展開していく物語だ。

スリリングに進んでいくストーリーはとてもおもしろい。

しかしこれはあくまでもハリウッドが作ったフリーメイソンの物語だ。

本当にこの映画で描かれていることは本当かは分からない。逆にアメリカの巨大な勢力は私たちに「フリーメイソンとはこういうものだ」と信じ込ませたくて作った映画なのかもしれない。

3-2.『アイズ・ワイド・シャット』

鬼才、スタンリー・キューブリックによる最後の作品『アイズ・ワイド・シャット』。主演はトム・クルーズ、ニコール・キッドマンだ。

ある倦怠期の夫婦を描いたこの物語、劇中で描かれている”ある儀式”が、フリーメイソンの儀式を表しているのではないかと言われているのだ。

さらに恐ろしいことに、スタンリー・キューブリックは『アイズ・ワイド・シャット』の極秘試写会の5日後に死亡しているのだ。

死因は心臓発作とされているが、もしかしたらフリーメイソンの秘密の儀式を世の中に暴露したために、殺されたのではないかという噂がまことしやかに囁かれている。

3-3.『モンスターズ・インク』

圧倒的な人気を誇るピクサー作品、『モンスターズ・インク』。主人公、サリーとマイクが働いている”モンスターズ・インク”のMのロゴ、皆さんお分かりだろうか。

このロゴがフリーメイソンのシンボルマーク、プロビデンスの目のようだと言われているのだ。

確かに、主人公であるマイクも大きな”目”が特徴。

相棒であるサリーは大柄な体型の持ち主。2人合わせてあのピラミッドと目のマークのように見えないこともない。

もしかしたらピクサー社も、フリーメイソンと大きな関わりがあるのかもしれない。

全世界の人が目にする映画は、フリーメイソンやイルミナティからのメッセージが隠されているものが多

いのかもしれない。もしかしたら今まで観たことある映画の中にも、ロゴやシンボルが隠されているので

はないだろうか?

4.音楽業界にもイルミナティの影が?世界的アーティストの楽曲に隠されたメッセージとは?

世界を裏で牛耳っていると言われている秘密結社、フリーメイソンとイルミナティ。

表舞台には登場しない彼らだが、実は私たちの身近なところにその影を表している。その内の1つが音楽である。

誰しもが毎日どこかで耳にする音楽。

果たしてフリーメイソン、イルミナティはどのように音楽業界に関わっているのか、今回はご紹介しよう。

4-1.ビートルズとイルミナティ

世界を代表するイギリスのロックバンド、ビートルズ。実はビートルズはイルミナティと大きな関わりがあると言われている。

イルミナティはもともと、悪魔崇拝といったオカルトチックな考えが根底にある団体だ。

イルミナティはビートルズを使って、その悪魔崇拝の考え方を世の中に洗脳しようとしていたと言われているのだ。

ビートルズの楽曲を作っていたと言われているのは、”ダヴィストック人間関係研究所”という研究機関だ。

ダヴィストックは心理学、人間の精神について、また世の中の洗脳工作について大きく関わりがあると言われている。

ビートルズの楽曲はこの”洗脳”について研究する施設によって作られていたのだ。

4-2.音楽と洗脳

普段耳にする音楽、世の中の大勢の人間を洗脳するにはうってつけだ。

ビートルズの楽曲はほとんど”12音調達様式”という不協和音で構成されている。

また曲を逆逆再生すると、その歌詞とは全く違う恐ろしいメッセージが聞こえてくるものもあるというのだ。

このように、ビートルズの曲には人々を洗脳するための工作が巧妙に仕掛けられているのだ。

4-3.不気味なジャケットの数々

ビートルズのアルバム、『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』。

実はこの初期のジャケットは、ビートルズのメンバーが赤ちゃんの死体に囲まれているという、なんとも恐ろしいものなのだ。

赤ちゃんの死体に囲まれている・・・どうしても悪魔的な儀式を連想せざるをえない。

また『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』というアルバム。

このジャケットは様々な人が並んでいる印象的なビジュアルだが、この1番後ろの左から2番目に並んでいるスキンヘッドの男が問題だ。

彼はアレイスター・クローリーという悪魔崇拝や魔術について研究していた悪名高き男なのだ。

ジャケットにも隠されている”悪魔”を連想させるポイント。

ビートルズがイルミナティによって操られ、洗脳の手段として利用されていたことは間違いないだろう。

音楽が秘密結社の洗脳の手段として今も使われているとしたら。

私たちは知らないうちに、イルミナティの考え方を刷り込まれているのかもしれない。

5.宇宙人は実在するのか?  アメリカが隠していることとは一体?

都市伝説といえばフリーメイソン、イルミナティといった秘密結社の話題が真っ先に持ち出されるが、そんな秘密結社と関連性のある大きなもう1つの謎といえば”宇宙人”の存在である。

皆さんは宇宙人の存在を信じているだろうか?考えれば、この広い宇宙に生命体が存在している惑星が地球だけ、というのも少し不自然な気もする。

しかし、まだ宇宙人の存在は明らかになっていない。

だがしかし、世界の有力者たちは宇宙人の存在をもうすでに知っているのではないだろうか?

5-1.宇宙人の存在

ここ最近、生命体が存在するのではないかと言われる星が発見された。それは木星の衛星、”エウロパ”という星だ。

エウロパは表面は氷で覆われているものの、その下には地球と同じように海が広がっているそうだ。

水があるということは、生命体が存在している可能性が十分に高い。

もしかしたら近いうちに、宇宙人が発見されるかもしれない。

世界各地にも宇宙人が関与したのではないかと思われる、不思議な遺跡は多数ある。

”ナスカの地上絵”は宇宙人が描いたのではないかとも言われているし、” ストーンヘンジ”もあの巨大な石は宇宙人が積み上げたのではないか?という意見もある。

宇宙人は私たちが知らないところで、もうすでに地球に降り立っていたのだろうか。

5-2.NASAが隠蔽?

そんな気になる宇宙人の存在。

実はもうNASAは宇宙人の存在を知っていて、それをひた隠しにしているのではないかと言われている。

それは度々、NASAの職員が「探査機で宇宙人を見た」「異星人の宇宙船を見た」「月面の裏には宇宙人の基地がある」などと証言しているためだ。

また、アメリカは人類を火星に移住させる計画ももうすでに始動させているという。

5-3.ケネディが殺された本当の理由

第35代大統領、ジョン・F・ケネディ。彼が暗殺された理由は他説あるが、1つは” アメリカが宇宙人の存在を隠していることを発表しようとしたため”なのではないかと噂されている。

しかし、なぜそこまでしてアメリカは宇宙人の存在を隠したがるのだろうか?

ケネディ暗殺の謎の文書は、2039年に発表されると言われている。

その時にもしかしたら、宇宙人の存在についても世間に明らかになるかもしれない。

謎だらけの宇宙人の存在。

本当にアメリカは宇宙人を隠しているのか、それにはやはりフリーメイソンが関わっているのか。

2039年に発表される内容が気になるところである。

 

Writing is Moeka

中国のフリーメイソンは? 少し特殊な秘密結社事情

日本の政界や金融業界にも力を及ぼしていると言われている秘密結社、フリーメイソンやイルミナティ。

全世界に支部、”ロッジ”を構えている彼らだが、お隣の国中国では少々事情が特殊なようである。
今回は中国のフリーメイソン事情についてみていこう。

中国のフリーメイソンの歴史

中国にフリーメイソンが上陸したのは1840年、アヘン戦争の時だ。

当時の清とイギリスが約2年間にわたって繰り広げた戦争である。

この時、中国を完全に掌握しようとしたイギリスはフリーメイソンたちを香港に送り込んだ。

この時できた支部が”ロイヤル・サセックス結社”であり、中国最初のフリーメイソンのロッジである。

この時中国にいるフリーメイソンたちは、白人だけだった。

有色人種である中国人を受け入れなかったのだ。
イギリス系フリーメイソンのメンバーたちは徐々に中国に支部を増やしていく。

 

上海、広東、満州、・・・やがて中国にはイギリス系フリーメイソンだけではなく、

アメリカからもメンバーがやってくる。

1900年代前半、アメリカ系フリーメイソンたちが初めて中国人をメイソンのメンバーとして受け入れたと言われている。

この時、孫文や蒋介石といった中国の歴史を語るには欠かせない人々もメンバーだったようだ。

”洪門”の存在

しかし、中国に存在する秘密結社はフリーメイソンだけではない。

中国で最も権力があると言われている秘密結社は、別名”チャイニーズ・フリーメイソン”「洪門」だ。
洪門は17世紀から存在している中国の秘密結社である。

その力は物凄いもので、中国の経済が低迷した時はかの巨大財閥ロックフェラー家、ロスチャイルド家と交渉し金融を回復させたと言われている。

洪門はロックフェラーやロスチャイルドとも対等に渡り合う、恐れられている存在なのだ。
洪門は金融業界や政界はもちろんかつてはギャンブルやアヘン密輸などにも関わっていたと言われている。

また”天安門事件”や”辛亥革命”などにも影響を及ぼしてきたようだ。
その存在は自国でも明らかにはされていないが、どうやら世界的俳優であるブルース・リーやジャッキー・チェンもメンバーであるよう。

勢力を拡大し続ける中国の秘密は、この洪門にあったのかもしれない。

秘密結社大国、中国

中国はフリーメイソンや洪門以外にも、多くの秘密結社が存在する。

それらの秘密結社は、中国の4000年の歴史を語る上では欠かせない。
例えば青幇(チンパン)。青幇は辛亥革命前の中国を代表する秘密結社だ。

アヘンや売春などを資金とし、裏社会で暗躍していたようだ。
現在も存在するチャイニーズ・マフィアも元々は秘密結社である。

全世界に散らばっていると言われているチャイニーズ・マフィア。

彼らは裏社会だけではなく、政界など表舞台にも大きく関わっているのだ。

様々な組織が混在する秘密結社大国、中国。

彼らが持っている力は、世界のフリーメイソンたちもおののくほどのものなのかもしれない。

フリーメイソン、イルミナティに関わる “13”の数字の意味とは?

フリーメイソンやイルミナティを語る上で数字の存在は欠かせない。

フリーメイソンがこだわる”33”。

イルミナティの”666”という数字。

この”666”は悪魔の数字とも言われている。
今回注目したいのは”13”という数字だ。

13の意味って?

13という数字を聞いてみなさんどんなイメージ持たれるだろうか?
映画『13日の金曜日』や13階段など、いまわしく恐ろしいイメージであると思う。

そう、13は不吉な数字とされているのだ。
しかしユダヤ教では13はもともと神聖な数字だったとされている。

しかしそれが近代になり、「13が不吉な数字である」と、映画などを使って大衆のイメージを扇動しているというのだ。

フリーメイソン、イルミナティと13の関係

アルファベットの13番目の数字は”M”。”mason(メイソン)”のMだ。

そしてアメリカ建国時の最初の週の数も13である。

フリーメイソンは、アメリカの建国に大きくかかわっているとされている。
また、エジプトの古代の文字で13を表しているマークはフクロウである。

フクロウ、イルミナティのシンボルマークだ。

これでもう13がフリーメイソンとイルミナティが13という数字にこだわりがあるということはお分かり頂けるだろう。

イルミナティ”13血流”

イルミナティはより13という数字と結びつきが強い。

イルミナティのトップに君臨する13つの一族、通称”13血流”というものが存在するのだ。

その一族をご紹介しよう。

1.アスター家(貿易業で繁栄したアメリカの一族)
2.バンディー家(ケネディ大統領、ルーズベルト大統領など歴代大統領の重鎮として活躍した人物を排出する一族)
3.コリンズ家(魔術に傾倒しているオカルトチックな一族)
4.ディポン家(化学業、軍事業に精通しているが悪魔崇拝の一族)
5ファンダイン家(オランダ系の一族だが、最も謎に包まれている)
6.フリーマン家(シオン修道会の末裔と言われている一族)
7.ケネディ家(言わずといれたケネディ大統領を輩出した一家だが、マフィアや悪魔崇拝にも通じていると言われている)
8.ロックフェラー家(アメリカに巨大な財閥。世界の金融を牛耳っていると言われている)
9.ロスチャイルド家(ヨーロッパの紙幣を握っていると言われている一族)
10.李家(洪門、チャイニーズマフィアに通じている中国の一族)
11.オナシス家(三大麻薬商社の一つである一族)
12.ラッセル家(哲学、政治に関わる一族)
13.ダヴィデ家(魔王ルシファーの末裔とも噂があるオカルトめいた一族。ワシントンやブッシュもこの一族と言われている)

いかがだろうか。フリーメイソン、イルミナティという秘密結社と13の関係。

世界を牛耳る組織も13の一族で組織されているかと思うと驚きである。
身の回りを探してみると、”13”という数字が見つかるかもしれない。

Writing is Moeka

世界の全てを掌握している! サンヘドリンの存在とは?

世界を裏で操っていると言われている秘密結社、フリーメイソンとイルミナティ。

33階級あるフリーメイソンメイソンの団体、イルミナティはその上部の階級の人たちのこと指すと言われている。

しかし、そのイルミナティの奥にもさらに組織があったのだ。それは”サンヘドリン”という組織である。

サンヘドリンとは

サンヘドリンの歴史は長く、遡ると” 新約聖書”の時代から存在していたと言われている。

ローマ帝国でユダヤ人によって形成された政治的な組織であったそうだ。

現在のサンヘドリンは、フリーメイソン、イルミナティ、300人委員会のトップにいる者たちのことを指す。

そのメンバーはなんとロックフェラー、ロスチャイルド、エリザベス女王、ローマ教皇などだ。

キリスト協会のトップ、イギリスの女王、世界の経済を握る大富豪一族がフリーメイソンやイルミナティの上部組織にいるかと思うと驚きである。

サンヘドリンは絶対の発言力と権力を持つと言われている。

世界の真のトップはこのサンヘドリンの人々なのかもしれない。

ロスチャイルドとロックフェラーって?

みなさん、”ロスチャイルド家””ロックフェラー家”についてご存知だろうか?

その名前は一度は耳にしたことがあるかと思う。

ロスチャイルド家はヨーロッパを代表する財閥である。

18世紀から続くユダヤ人の一族で、高利貸しや戦争ビジネスなどで莫大な富を築きあげてきた。

ユーロ、ポンドはこのロスチャイルド家が握っていると言われている。

このロスチャイルド家、日本と全く縁がないわけではない。

日本銀行のマークは、ロスチャイルド家の家紋とあまりにも類似しているのだ。

これは日本の紙幣もロスチャイルド家が握っている、と考えてもおかしくないだろう。

対するロックフェラー家。彼らはアメリカの金融業界を制する一族だ。

彼らの権力も巨大なもので、”ロックフェラー財団”や”ロックフェラー銀行”、”ロックフェラー大学”などと彼らの名前がついた様々な組織や施設がある。

このロスチャイルド家とロックフェラー家は対立関係にあると言われているが、世界の金を支配する彼らもサンヘドリンのメンバーなのだ。

日本の天皇家の立ち位置は?

日本は王様や皇帝ではなく、天皇家が存在する。

天皇はイルミナティでもなければサンヘドリンでもない。

しかしイルミナティもサンヘドリンの人々も、天皇家には逆らえないというのだ。

日本の天皇家はそれらの組織とはまた独立した、別格の存在であるようだ。

世界の秘密結社のトップであるというサンヘドリンの存在。

世界は彼らによってこれからも掌握し続けられるのであろうか。

彼らの持つ権力と支配力は、我々の想像をはるかに超えているのだろう。

Writing is Moeka

フリーメイソンと東京タワーの高さの謎の関係!?

あなたはご存知でしょうか?
世の中を影で操る秘密結社とも言われるフリーメイソン。

誰でも一度は見たことがあり、見たことがないと思っているあなたもどこかで実は見ている、、、

フリーメイソンのシンボルである三角形のマーク。

 

その三角形のマークの中心にある、

何を意味しているのかと不思議に思えるその”目”。

あなたもご覧になったことがあるうちの一人かもしれません。

 

実はその中でもひそかに囁かれているフリーメイソンと東京タワーの関係。

さらに現在工事中の特別展望台の存在の謎に迫り解明しようじゃありませんか。

続きを読む